アジャスター結び@ふんどし

ふんどしの紐を、いちいち解かないで
サイズ調整できる結び方です。

もっこふんどしを、丸紐で作ったとき
たとえば「ひもトレ兼用もっこふんどし浜島スペシャル」
なら、ひもトレ専用スピンドル、
もっと細い手芸用ロープでもできます。

布で作った紐でもできます。

アジャスター結び@浜島先生方式

まず、浜島先生方式から。

アジャスター結び

こうしておいて-、

アジャスター結び

キュッと。
横に渡っている水色の紐の方を
引っ張ってサイズ調整します。
ゆるめて、下ろして
用が済んだら上げて、
キュッと引っ張れば、ずれません。

アジャスター結び@アクセサリー式

革紐のブレスレットなどでよく見る結び方の、略式です。
本式は解けにくいように、結び目をキレイに作りますが、
丸紐や布紐なら、略式がむしろ結び目も邪魔になりません。

アジャスター結び

くるっと一結びしておいてー

アジャスター結び

もう片方の紐を通してー

アジャスター結び

こんどはこっちを、巻き付けて一結び

アジャスター結び

結び目を、キュッと絞って

アジャスター結び

紐を両側から引くと、伸びてゆるんで

アジャスター結び

結び目の間に指を入れて左右に引くと、
縮んで締まります。

越中ふんどしの結び目が、下腹で邪魔に感じるときにも
この結び方でいけるんじゃないでしょうか。

アジャスター結び@いちばん簡単

アジャスター結び@アクセサリー式を
片側だけに作る結び方です。

アジャスター結び

くるっと一結びしておいてー

アジャスター結び

反対側の紐を通してー

アジャスター結び

結び目を、キュッと絞れば出来上がり。
コレが一番、紐を節約できるんじゃないかな?

画像の説明

こうしておいて、さらに蝶結びもできます
ちょっと結び目がかさばっちゃうけどね。
紐の長さが余って邪魔なときはこうしとけばいいよね。