まさかふんどし

まさかふんどし、だったし、むしろふんどしなんかぜったい履きたくない、一生ふんどしを履くことなんかないとついこの間までは思ってました。よほど物好きか、なにか健康上の理由があるか、特殊な趣味の人たちが履くモノという認識しかなかったんでした。「ふんどし」っていう名前の響きには今でもかなり、書いてても抵抗が‥‥でも、あれはむかしからふんどし、と呼ばれてきたんだし、今さら呼び名を変えるわけにもいかないし‥‥

ふんどしの前に湯文字

最初「湯文字」を作りました。これもだーいぶ、特殊ですよね。和服の下着、パンツに相当する下着ですね。腰巻きの短いの、を想像してもらえばだいたい合ってます。なんで湯文字を作ったかというと、腰を支えてしゃんとさせて、重力に負けて下垂するお腹を持ち上げてキュッとさせたい→でもガードルとか補整下着とかは窮屈だから無理→湯文字は和服の補整下着なんだって→それ作って着けてみたいじゃない?

和服を着る予定はないけど、ズボンの上から着けてもいいんじゃない?エプロンみたいに。お腹と腰がキュッとして気持ちよさそうだしー。そこで、紐付きの湯文字を作って服の上に着けてみたら、立ってるのが楽だし歩き回るのも楽だし、お腹も下から持ち上げて軽く圧がかかる程度に締めるからたいへんに楽、予想通り。日常に和服を着るのは相当ハードル高いけど、こうやって服の上から湯文字ならいけるじゃない、なかなかいいぞ♪

画像の説明

そしたらなんだか湯文字の下でじゃまになるモノが‥‥今思えば、下着のパンツのゴム。そのときは何で邪魔に感じるのかわからなくて、ん~~、湯文字は本来下着であるから、その下にまた下着、ってなってるから邪魔なのかな?と思いました。じゃあどうしようか。

湯文字の下に、何?

まず、最初っからふんどしは作りませんでしたよ。かなーり抵抗があって、まさかふんどしはないよね?ないないないない、それはない。選択肢にもならなかった。それで、紐パンを作ってみました。こんなのね。いろいろやってみて最終的に両脇で紐を結ぶか、片側で結ぶか、形はショーツの形、素材はコットンやリネンのかわいい布を使って作りました。

紐パン

でも、まるっきり紐結びにすると、いちいち結んだりほどいたりが面倒に感じて、背中側にゴム少し入れてみたりして。いろいろ作って試着して「はぁ~~楽ちん。そけい部が楽ちん♡」ってなってたわけ。